■プロフィール

かけだし玄米研究員

Author:かけだし玄米研究員
玄米専門通販のお店
【玄米のマイセン】

主食を通して【健康】を手に入れるには何がいいのか、どうすればいいのか日々勉強中。たくさん集めた情報を皆さんにお伝えしたく思い、このブログを始めました☆
ぜひ、ホームページの方にも遊びに来てくださいね♪

■最新記事
■カテゴリ
■最新コメント

■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■FC2ブックマーク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QRコード

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■FC2カウンター

■アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ヘルス・ダイエット
27818位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ダイエット
8005位
アクセスランキングを見る>>

■FC2ブログランキング
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
ちょっとイイ話(2)「玄米おにぎり」
今日も、ちょっとイイ話をば・・・・。

別にサボリじゃありませんよ
イイ話が多いんですってば。

暗いニュースが多いこのご時勢。
イイ話を聞いたり見たりするだけで、ちょっと心が明るくなりませんか?

そんなわけで!

今日も「イイ話」その2!



「玄米おにぎり」


玄米おにぎり

いつもおいしい玄米を送ってくださって感謝しています。
私共夫婦ばかりではもったいないので、時々友人2、3人に
玄米に大豆・小豆・黒豆を入れて炊き、
おにぎりを作ってあげています。
炊いたときのいい香りも残って 

「●●さんの玄米おにぎりはおいしい!!」

と友人達に言ってもらえますので、
嬉しくなって自慢して食べてもらってます。

お腹の掃除にもなるし、
体温は上がるし、ダイエットにもなり、
私達夫婦ばかりでなく、回りの友人達にも喜んでもらってます。
感謝です。





うーん。いいお話です。

私もよく、玄米をおにぎりにして持っていきますが、
炊きたてをそのまま握って、熱いままラップでくるんじゃうんです。
そうすると、蒸気も一緒に閉じ込めることができて、
食べるときに、ちゃんとしっとりしたご飯のままで、すごくおいしい!!


レンジでチーンなんてすると、もう炊きたてそのままです。
もちろん、温めなくたってそのままでも美味しいです


小豆は私もよくやるんですが、大豆と黒豆もいいですね。

豆類と玄米って、とても相性がいいんですよ。
特に、小豆なんかは、昔から漢方にも使われたほど薬効効果が高いのです。
利尿作用があるので、むくみとりなんかにいいみたいですね。

玄米と小豆を一緒に炊いて、保温を続けると、
玄米の胚芽の中にある、熱に強い酵素が活性化して、だんだんともちもちした感触になります。
不思議なことに、10日以上保温したままでも腐らない!

そんな不思議なご飯にもなるんですねー。

これを、「玄米酵素ごはん」と呼んでいます。

普通の玄米よりも消化がよく、ヌカのにおいもないスーパーご飯。
最近、ひそかなブームになってきてまして、問いあわせもとても多くいただきます。


この 「玄米酵素ごはん」のお話もまたいずれ。








スポンサーサイト

テーマ:ダイエット・美容・健康 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

玄米のちょっとイイ話 | 18:01:48 | トラックバック(2) | コメント(0)
ちょっとイイ話(1)「犬のアレルギーが良くなりました」
今日は、玄米研究員が耳にした玄米についてのちょっとイイ話をご紹介!




「犬のアレルギーが良くなりました」

FC9-30.jpg


飼い犬がひどいアレルギーで、残留農薬、添加物に激しく反応します。
米を前述の有機JAS米にしたら、症状が著しく良くなりました。
穀類は顕著に出るんだと知りました。
それが、今年のお米は、食べるほど具合が悪くなる。
でも、マークが付いてるんだから、と信じて食べてました。
他に原因がわからず、やはり米ではないか、と疑って、今回マイセンさんのお米を買ってみました。
すごいですよ、一週間で犬の具合が良くなりました。
私も、逆流性食道炎になって玄米は禁止されてたんですが、
案外、JASマーク付の米のせいだったのでは、と思います。
たくさんは食べられないのですが、今後ともよろしくお願いします。




ワンちゃんまでもがアレルギーに苦しめられる時代なんですね
ワンちゃんの調子が良くなって本当に良かったです!


世間では、「有機」がもてはやされていますが、
この「有機」にも、実は色々あります。
JAS有機は、JASの定める規格に則ったものですが、
日本の農業の実態を考えると、ちょっと無理がある部分も・・・・・
「有機」用に使える農薬や肥料もあったりします。

また、このJASの定める規格のとおりに農作物を作るには、大変な費用がかかります。
そのために、本当によいものを作っておられる農家では、
あえて、このJAS認定を取らないところもあるようです。

本当に安全なものは何なのか?

考えさせられるお話でした。







テーマ:健康、美容、ダイエット - ジャンル:ヘルス・ダイエット

玄米のちょっとイイ話 | 17:03:23 | トラックバック(0) | コメント(0)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。