■プロフィール

かけだし玄米研究員

Author:かけだし玄米研究員
玄米専門通販のお店
【玄米のマイセン】

主食を通して【健康】を手に入れるには何がいいのか、どうすればいいのか日々勉強中。たくさん集めた情報を皆さんにお伝えしたく思い、このブログを始めました☆
ぜひ、ホームページの方にも遊びに来てくださいね♪

■最新記事
■カテゴリ
■最新コメント

■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■FC2ブックマーク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QRコード

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■FC2カウンター

■アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ヘルス・ダイエット
27818位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ダイエット
8005位
アクセスランキングを見る>>

■FC2ブログランキング
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
玄米の歴史
今私たちが食べているお米は、コシヒカリやあきたこまちなどの品種改良されたお米ですが、
主食としてのお米を食べることは、縄文時代くらいから始まったと言われています。

稲の原産地である中国近辺より日本に渡来して、
弥生時代には、すっかり稲作が定着しました。

学校で習った日本の歴史でも、
「狩猟採集の時代から定住の時代へ」などと習いましたね。

当時食べられていた米は、もちろん今のものと同じではありませんが、
今のお米たちのモトになったものです。

赤米、黒米、緑米・・・・・。


古代の人たちは、これらを食べていました。
もちろん、精米技術も発達していないので、ヌカのぬいた玄米のままです。

玄米が栄養的に優れていることは昔から知られていました。
たとえば、中国では、黒米玄米が不老長寿、滋養強壮、貧血に効くといわれ、宮廷に献上されていたとのこと。
あの「楊貴妃」も、黒米を美容のために常食していたそうですよ。

16世紀の中国で作られ、日本にも輸入された「本草綱目」では、
<黒米は精力を増進させ、脾臓・肝臓を強め、胃腸を丈夫にし、造血作用により肺機能を強化する「薬用米」とされている>
と紹介されています。

日本人も、ずーっと玄米を食べていたのです。

今ほど食べ物が豊富ではなく、移動手段も徒歩や馬。
今より小柄な体に甲冑をまとい、長距離を移動し、重い武器を振り回して戦ったりもしたのです。

徳川家康は質素な食生活で知られ、主食は玄米や麦。
戦国大名の加藤清正も、「くろごめ(玄米)を食すべし」と家訓に遺しています。

テーマ:健康、美容、ダイエット - ジャンル:ヘルス・ダイエット

歴史 | 16:43:57 | トラックバック(3) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

-
管理人の承認後に表示されます
2012-04-08 Sun 10:12:16 |
-
管理人の承認後に表示されます
2012-05-09 Wed 09:53:03 |
-
管理人の承認後に表示されます
2012-11-01 Thu 08:46:15 |

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。